初心者の株式投資は、中長期でじっくり「育てる」!

株はじっくり
ここでは、「株についての入門」をご紹介させて頂きたいと思います。 投資と聞くと、多くの人がまず思い浮かべるのは、この「株」ではないでしょうか。
各社の経済状況や東証の値動きを見て、売り買いを決めて…という工程を耳にすると、「株=難しい」という先入観を持たれている運用初心者の人もいると思います。
確かに、変動の仕方によっては元本割れする可能性もある投資ですが、きちんとした知識があれば、株式投資は資産運用初心者でも、安全にチャレンジできるものです。
そもそも株式って何なのか、そこから分からないのですが・・・?
初心者の方から、よくそのご質問をいただきます。
株とは、企業が行う資金調達の手段の一つです。平たく言うと、株を売って、投資家から資金を調達するというイメージです。
買う側は「企業に出資する」ということになりますから、買った株式の数によって経営への発言権を得たり、配当金などを受け取ることができるようになります。企業によっては、株主優待などのサービスがあることもあります。

株で得られる利益について

株式の場合、得られる利益は下記の2つからとなります。
  • 配当…ビジネスによって利益が出た場合に、御礼としてその一部を株主へ還元するものです。
    1株いくらと決まっていますから、持っている株式の数によって変わります。また、企業の経営状況が悪化した場合、配当が出ないこともあります。(会社によっては、配当がないこともあります。)
  • 株価の値上がり…企業の業績がアップすると、持っている株の市場での価値が上がります。
    購入時より高値になった段階でその株式を売却すると、差額が利益として入ってきます。10万円で買った株が、30万円の価値になることもあります。

株式が抱えるリスクについて

株価は、企業の業績が悪化すると値下がりしてしまいます。
たとえば10万円で買ったものが、5万円になってしまうことも想定されるため、運用法を間違えると、元本割れする可能性もあります。
なるほど、良く分かりました。そうすると、初心者が株で利益を出すには、どう運用したら良いのでしょうか?
初心者の方が気を付けるべきポイントは、3つあります。

1つ目:投資に使う金額は少な目に

株式の特性上、元手が大きければ(つまり株をたくさん保有しておけば)、株価アップによる利益や配当は大きくなります。
しかし、先ほどもお伝えしたように、元本割れのリスクがあります。元手が大きいほど、損をした時の額も大きいわけですから、初心者の方は5万円程度の少額から始めましょう。
また、1社に全額を使うのではなく、複数社に分散させると、リスクを減らすことができます。 この場合、1社1社の利益を追うより「トータルで利益を出す」ことを目指しましょう。

2つ目:投資期間は、中期~長期でじっくり

株式投資の方法には、3種類あります。
  • 短期…いわゆるデイトレード。その日のうちに、売買してしまう方法です。即利益を得られますが、株価から目が離せませんし、売り買いを即決で判断する力が必要なため、初心者の方にはおすすめできません。
  • 中期…1カ月~2年程度かけて、ある程度の利益が出たら売るという方法。短期よりリスクが低い。
  • 長期…中期以上の期間をかけて行う投資。企業の将来性に駆けて行うため、できれば安定した大企業を選ぶ。中期より、リスクが低い。
初心者の方におすすめしたいのは、中期・長期です。
長い目でみた場合、価格の変動幅は「平均」に近づきますから、短期の売り買いに比べリスクは低くなります。また、売買の回数が少なければ、発生する手数料も少なくて済みます。中長期の投資に適したスタート時期は、相場の低迷期です。(低迷期に投資をして、値上がりを待つことを「逆張り型」と呼びます。)

3つ目:値動きに一喜一憂せず、気長に待つ

中長期で取り組むわけですから、少し気長に構える必要があります。初心者の人は、株価が少しでも下がるとガッカリしてやめてしまうことがありますが、また上がるのを待てばいいや、ぐらいの気持ちでいることをお勧めします。
初心者の方は、株で大儲けを狙うより、今ある資産を「じっくり育てる」ことを念頭に置いてくださいね。
ちなみに、株で得た利益には、どう税金がかかりますか?
株式で得た利益に対しては、このように課税されます。
  • 株の値上がり益…20%の課税(2013年12月31日までは10%でした。)
  • 株の配当…20%の課税(こちらも2013年12月31日までは10%でした。)
なので、もし10万円の利益が出たら、手元に残るのは8万円として計算して下さいね。

株に不安を持つ人たちへ

現在、株式の購入は証券口座さえあれば、インターネットで行うことができます。証券会社の窓口に行く必要がなくなりましたから、とてもやりやすくなりました。
しかしいま、簡単に投資ができてしまうからこそ、安易に取引をして損をする初心者の人も増えています。 投資を実践する前に、金融の知識を身に付けておくことは、リスク回避の上でとても大切。 株式に興味がある方は、私のように、資金運用系の情報資格取得を検討してみるとよいかもしれません。
運用に関することだけでなく、税金や生涯のマネープラン設計など、お金全般についての知識が身に付きます。 具体的にどのような知識が身に付くのかは、コラム「FPのメリットと魅力」が参考になりますので、ご覧下さい。 お金は、人生において目標を達成するための大切な「資源」。投資初心者のうちから、知識に基づく投資ができる力を、身に付けて下さいね。

このページの参考サイト

コラム:『FPのメリットと魅力

このページの先頭へ