教育方針によって子供の教育費は1,436万円変わる!

子供が大人になるまでいくらかかる?
進学のさせ方によっては、人生においてマイホームに次ぐ大きな出費となってくる子供の教育費。子供の人数や、進学先などが家庭によって違うため、ママ友達などと意見交換をしても、不安は払しょくできないものです。
また、家計の状況が分かってしまうため、そもそも人に相談しにくいと感じる人もいますよね。 ここでは、フィナンシャルプランニングの視点から、子供の教育費についてご説明していきます。
子供の教育費は、どの程度用意しておけば良いのでしょうか?
それを知るにはまず、時期によって子供にどの程度お金がかかるのかを知る必要があります。 子供の教育費の相場は、だいたいこのようになっています。 (この金額には、学校教育費、学校給食費、塾・家庭教師代が含まれています。)

全て公立校の場合:合計827万円

  • 幼稚園3年間…73万円
  • 小学校6年間…201万円
  • 中学校3年間…141万円
  • 高校3年間…156万円
  • 大学(文系)4年間…256万円

全て私立校の場合:合計2007万円

  • 幼稚園3年間…161万円
  • 小学校6年間…824万円
  • 中学校3年間…380万円
  • 高校3年間…313万円
  • 大学(文系)4年間…329万円
また、覚えておきたいのは、進学時期には準備にお金がかかること。上記の金額を、単純に学年数で等分して考えるのではなく、各時期の入学年には、他の学年より多めにお金がかかると思っておいて下さい。
ずいぶんとかかるのですね…そんなにお金を用意できるのか、ちょっと自信がなくなってきました。
誰しも限られた収入の中でやりくりして子供の教育費を捻出するわけですから、不安を感じて当たり前だと思います。 大切なことは、1にも2にも計画です。
  • 子供を公立に行かせるのか、私立に行かせるのか
  • 私立に行かせるなら、いつから行かせるのか
  • 大学進学はさせるのか、高校で就職させるのか
この3点をどうするかにより、かかってくる子供の教育費には大きな開きができます。 具体的にどれほど違うのか、先ほど述べた費用の相場から、ちょっと計算して比較してみましょう。

高校まで行かせる場合

  • 全て公立…トータル571万円
  • 中学校・高校が私立…トータル967万円
  • 全て私立…1,678万円

大学まで行かせる場合

  • 全て公立…トータル827万円
  • 中学校・高校・大学が私立…トータル1,296万円
  • 中学校・高校のみ私立で大学が国立…1,223万円
  • 全て私立…2,007万円
どうですか、子供の教育費に最大で1,436万円の違いが出ることがお分かりいただけたと思います。 進学については子供の意向をできるだけ叶えたいと思うのが親心でしょうが、現実的に、それが叶えられるのかどうかをまず検討し、計画しましょう。
なるほど、そこは夫婦での話し合いが必要ですね。すぐにでも相談して方針を決めて、貯金を始めようと思います。
ちょっと待ってください、ただ漫然と貯蓄をするのは非効率です。 子供の教育費を貯めるには、このような方法が上げられます。
  • 銀行での預金
    利息はわずかですが、元本割れしません。積立預金など、途中でうっかり手をつけることのない預金を選ぶことをおすすめします。

  • 預金以外の資産運用
    株や外貨預金などのいわゆる投資です。元本割れのリスクがありますから、必ず必要となる教育費を、全額投資に回してしまうことは絶対におすすめしません。

  • 学資保険
    あらかじめ決めた時期(教育資金が必要になると思われる時期)に給付金を貰う保険です。親に万一があった場合の補償などがついているタイプもあります。ただ、保障が手厚いものは保険料も高いですから、契約の際に無理のない保険料のものを選んで下さい。

  • 学資ローン
    初めにまとまったお金を借りてしまい、後から少しずつ返すものが学資ローンです。上記3点は、先にお金を少しずつためていくものばかりでしたから、お金の流れがちょっと変わりますね。これは、お金が必要な時期が来たら、借りるようにしましょう。審査などがありますから、実際に必要となる100日前から動き出すようにして下さい。
もし大学に行かせるのであれば、塾の費用や受験費用、滑り止め校に払う入学料などが発生する、大学受験の前後が子供の教育費のピークとなります。
高校までの教育費は月々の収入から捻出し、大学受験費用や大学の教育費は、積立や学資保険で賄えると理想的です。 個人的には、積立または学資保険をおすすめします。
学資ローンは、後々までの返済が負担となり、老後の準備が遅れることになりますから、できれば借りずに済ませたいですね。
こういう相談に乗ってくれる施設はあるのでしょうか。
基本的に、子供の教育費や家計に関する相談は、フィナンシャルプランナーの専門分野です。が、お近くに、中立の立場で相談業務を行っているフィナンシャルプランナーがいるかどうか…。
銀行などでもマネープランに関する相談は行っていますが、どうしても自社の学資ローンなどの売り込みに繋がりがち。そこで、今のあなたのように、専門知識の重要性を感じた時こそ、フィナンシャルプランナーの勉強をおすすめします!
3級から1級までありますが、2級または3級であれば、日常生活と結びつけて学べる内容ですから、初心者の方でも楽しく学べると思います。 具体的にどんな日常の事柄と絡んでくるのか、コラム「生活に密着したFP2級・3級」でより詳しく触れられていますから、一度読んでみてください。 あなたが専門家になってしまうことが、あなたの家計管理を変える一番の近道だと思います。

このページの参考サイト

コラム:『生活に密着したFP2級・3級

このページの先頭へ