実はシンプルでわかりやすい!不動産リートとは

不動産で運用!

色々な投資信託がある中でどれを選ぶべきなのか、初心者としては悩むところです。リートもその一つですね。ただ、実はその仕組みはそれほど難しくなく、意外とシンプルであることが、知識をつけるうちにわかってくるでしょう。
不動産リートとは一体どんなものなのでしょうか?

不動産リートとは初めて聞きますが、どういう投資ですか?
そうですね、投資の経験がない人にとっては初めて聞く言葉でしょう。
不動産リートとは不動産投資信託であり、名前通り不動産に対しての投資を行います。
自分で不動産を取得して利益を得るというのは、まとまった費用がある人のみができる方法になってしまいます。しかし資金を少しずつ募れば、一人当たりの負担は少なく済みますね。不動産リートとは、「投資先が不動産になった投資信託」なのです。
不動産に投資するメリットはありますか?
もちろんあります。簡単にいくつかリートのメリットをご紹介しますね。

少額の資金で投資が可能

投資家で資金を合わせて行う投資なので、一人当たりの負担額は少なくても、大きな不動産を投資先として選べます。不動産の投資が少額からできるのは、不動産リートだけ。その投資額は20万円から70万円程度とお考えください。

いくつもの不動産へ投資もできる

多くの額をひとつの対象に集中して投資するというのは、万一の時のリスクがとても高いということになります。そのため、リスクを軽減するためには、分散して投資をすることがポイント。少額ずつの投資が可能なリートであれば、リスク分散に最適です。

普通の投資信託とは全く違うのでしょうか?
似たようなところはたくさんあり、基本的には同じです。ただ投資する対象が、不動産に変わると考えてください。不動産投資をする法人を設立、その法人が資産家からの資金で投資を行うという仕組みです。
上がってくる利益としては、下記の2点が想定できます。
  • 投資対象である不動産の家賃収入
  • 投資対象である不動産を売買して得た利益

これらの中から、リートに参加している各投資家へ利益の分配が行われます。

うーん、投資信託はリスクがあるから不安です・・・
誰だって、リスクはできるだけ少なくしたいと考えますよね。実際には、全くのリスクなしで投資信託を行うことは不可能。ただし、できるだけリスクを背負わないように考えることはできるでしょう。そこで用いるといいのが、不動産リートです。不動産リートとは、投資信託の中でも一番安定性があるといわれています。

というのも、値動きがとても穏やかだからです。

たとえば同じ投資信託でも株式を対象としている場合は、急に半値以上の値下がりする時期ももちろんありえるもの。また、世界の情勢に合わせて大幅な浮き沈みがあることも想定できます。少額ずつでリスクを分散させても、株式の投資信託のリスクは小さくありません。

対して不動産の場合には、株式ほど短期間での値動きがないですし、家賃収入などはある程度安定的なものです。投資の中にリートを組み込むことは、本当の意味でのリスク分散に繋がります。

なるほど、では想定できる不動産リートのリスクとは何ですか?
考え得るリスクについてお話していきますね。

地震や火災などの天災が起きたり、不動産業界が急激な変化をしたとき

投資している建物がどうにもならなくなってしまったら、やはり分配金にも影響が現れます。また、不動産の価値などの変動が大きく起きてしまえば、その場合もその分の影響が投資家にそのまま降りかかります。

金利が大きく変わるとき

不動産リートとは、投資家だけが費用を支払っているとは限らず、金融機関から不足分の資金は調達をしていたり、借り入れている可能性もあります。その場合は金融機関での金利の変化によって、分配金にも変動のリスクはあります。

総合的に考え、投資全般から見た不動産リートのリスクの位置づけは、「中程度」とお考えください。

不動産リートとは何かは理解できましたが、自分に出来るかどうか、不安もある。知識をもっと身につけたいのですが。
そうですね、効率よく資産運用の知識を付けたいのであれば、フィナンシャルプランナーの勉強することをおすすめします。
それはこの資格に、投資や運用に関する知識が全て網羅されているから。

フィナンシャルプランナーの勉強では「投資におけるリターンとリスクの仕組み」も学びます。

フィナンシャルプランナーの知識が、具体的にどう運用の役にたつのかは、コラム「FP取得で収入アップ!」で詳しく解説されています。

正しい知識があれば、投資に対する不安感に、不必要に振り回されることがなくなります。 自分の資産は自分で守る必要がありますので、自らのお金の知識、もっと高めてみてはいかがでしょうか。

このページの参考サイト

コラム:『FP取得で収入アップ!

このページの先頭へ