限りのある退職金の運用、急がずゆっくり進んでいこう!

退職金
まとまったお金として手元に入る退職金ですが、使い道は決めていますか?老後の生活にはお金がかかります。 歳をとれば病院通いも増え、介護が必要な身体になれば介護費用もかかりますが、子供に負担はかけたくないですよね。
今あるお金をただ取っておく、それだけではまだ足りない可能性もあります。 そこで大事になるのが、老後の資産運用です。 せっかく定年を迎えた時期、お金のことで悩まされたくないと思うでしょうが、安心してゆっくり過ごすためにもやっておくべきですよ。
退職金の運用で一番人気があり、初心者でもできるものは何ですか?
定番とされているのが、定期預金です。とても馴染みが深く、定期預金ならば銀行に預けるのみなので、初心者でも簡単ですよ。
  • 定期預金の金利:0.025%~1%で銀行ごとに設定されています。これは通常の金利であり、退職金を定期預金にする場合は、更に金利はあがります。おおよそ1%~1.3%程度となることが多いです。
  • 定期預金の魅力:資産運用の中では、無リスクで安全です。元本を下回ることはありませんし、普通口座に預け入れをしておくよりも金利が約2倍にもなります。
以上の通り、安全性を考えると一番安心できますね。
ちなみに、金利が優遇される退職金の定期預金の高金利は、満期終了まで高い金利が続くわけではなく、最初の3ヶ月程度となります。しかし、一般の定期預金にするよりかは、断然お得。
その後は通常の金利には戻ってしまうにしても、継続して預金しておくことは可能です。どうせ預けるなら最初だけでも金利が高いほうがありがたいですよね。
それほど大きな額になるわけではなくとも、安全で確実なため、初心者にも人気であることは頷けます。
もう少し得できる退職金の運用方法はないですか?
投資信託も退職金の運用には非常によく用いられています。
  • 投資信託で得られる利益:投資信託とは、一般的にファンドと呼ばれる投資の専門家に対してみんなで投資を行い、専門家は募った総費用をつかって運用を行います。運用が成功すると、その分の利益が投資家に再分配されます。
  • 投資信託の魅力:一人だけで投資をするわけではないので、少額からでも仲間が集まれば大きな額になります。その分色々な資産に対して費用をかけることができ、分散投資が可能です。
成功すると収益率も高くなるのですが、元本が保証されているものではないので、元本割れを起こす可能性もあります。
行うとすれば、退職金の中から投資にまわせる金額を計算した上で挑戦してみましょう。
余分なお金というわけではありませんが、使い道がないお金を使うとリスクは低いです。初心者でもチャレンジできますが、ある程度知識をつける必要はあるでしょう。
資産運用とはいえないかもしれませんが、月々少しずつでもいいから受け取れるようなものはないでしょうか?
今一気にまとまった額の支払いをしておいて、もう少し歳をとってから毎月少額に分けて受け取る、いわゆる「年金タイプ」の運用ですね。
将来の自分の生活が不安な場合に有効ですから、これも、立派な資産運用と呼べますよ。公的年金だけでは少し生活が厳しいという方は、この方法をオススメします。具体的には、年金保険と呼ばれる金融商品が該当します。
  • 年金保険とは:払えるときにお金を支払って、老後の生活で毎月少しずつ自分がお金を受け取れるように設計された保険。受取額が増減するものでもなく、毎月安定して収入を得られるので、資産の運用に知識がない素人でも取り入れやすい運用方法です。
日々の生活が潤っていてこそ、老後が楽しめますよね。年金保険なら、仕事をしていた時と同じような感覚で、毎月定額を受け取れますから、生活のプランが立てやすくなります。
また、死亡時には配偶者や相続人が同じように期間を定めて、月々定期的にお金を受け取れるという保険商品もあります。万が一のことがあって残される家族が心配という方にとって、非常に安心できる資産運用の方法ですね。
自分が死亡した際には、家族に金銭的負担をかけたくないから、退職金は貯めておくべき?
自分が死亡した際の、葬儀費用などをイメージされているのですよね? 結構まとまった額になってしまうので、それを家族に負担させるのが嫌だという方、結構いらっしゃいます。
そんなときは、自分の死亡時に家族へ保険金が支払われる、生命保険をかけておくのも手です。支払いは一括でまとめて自分が払っておけば、その先月々支払う必要もありません。退職金がたくさんあるうちに済ませてしまうと楽ですよ。
希望する保険金額が満たせ、かかる保険料が安いものを選べば、あとは難しい知識も必要ありません。 保険も資産運用のひとつ。退職金の運用だからこそ、一括でまとめて払えますね。

退職金の運用に不安を覚える方へ

退職金の運用は、退職してから考えているとなかなか動き出せません。今まで金融商品には興味がなかった初心者だと尚更、時間ばかり経ってしまいます。きっとあまり詳しくないと自覚している人は不安を感じこともあるのではないでしょうか。
時間が経ちすぎると、「まぁこのまま老後の資金として使えばいいか」と考えがちですが、もっと得できる方法があるのに挑戦しないのは損ですよね。早めに退職金の使い道を計算して、どのように資産運用したらいいのかを考えておけるようにしておくといいでしょう。
お金の知識は知らないと損をすることばかりなので、老後のためにもつけておいた方が絶対に得です。
そのために、フィナンシャルプランナーの資格を取得するというのもオススメします。フィナンシャルプランナーはお金のプロとして、人の生活だけでなく自分の生活も守れるんですよ。 実際にどう生活の役に立つのかは、こちらのコラム「FP取得でお金の疑問解決!」が詳しいので是非読んでみてください。老後の充実を左右する要となる退職金。最大限に活用して、第二の人生を楽しみましょう!

このページの参考サイト

コラム:『FP取得でお金の疑問解決!

このページの先頭へ