節税対策として減価償却を活用させた手法について

節税対策として減価償却を活用させた手法について

原価滅却の活用と節税について

節税対策として、実務の企業会計では様々な手法が用いられています。減価償却も上手く活用すると、節税手段として有効活用することが出来ることはよく知られています。減価償却ができるのは主に有形固定資産ですが、使用しているあるいは時間の経過によりその価値が目減りする物などを企業会計基準に沿った方法で減価償却をするというものです。

しかし企業会計基準が推奨している会計処理方法は必ずしも税法に則った処理方法ではないため、納税のために調整が必要となります。税法上、適正な調整をすることによって税額計算を行う作業で利益を少なく見せることが節税対策になります。

実務的には税法上の費用計上が難しいものが多いのですが、保有資産の実際的な状況に合わせる工夫をすることは可能と言われています。会計上の利益は必ずしも収益ではないことと、費用として計上したものが必ずしも具体的な出費を伴うものではないことを知っている必要があります。

減価償却は保有している資産が使用することによって、または時間の経過によって価値が目減りしていくことです。償却できない資産は非償却資産と言って土地などが該当します。

節税対策の基本は企業の会計処理方法が公正妥当と認められる処理方法で計算されており、その方法が必ずしも税法とは一致するものではない、納税額を算出するために1度計上した費用と収益を税法に従って調整していることを利用したものだからです。

減価償却を利用した節税の他に有形固定資産の価値下落分を利用した節税の方法としては、使用していない遊休資産を財務上除却する手法などもあります。遊休資産は企業の利益獲得には貢献していないので、除却までの償却費用に売却予想価額を足して資産の残存価額との差額を計算するし、損失が出ていれば費用を増やすことになり納税額は少なくなるというものです。

>>個人で行なう資産運用

このページの先頭へ