節税するために確定申告をする際の大切な目的

節税するために確定申告をする際の大切な目的

確定申告時にできる節税特集!

確定申告で所得税の節税を行うことができる場合があります。所得税の節税のための申告を確定申告時期にあたる毎年2月中旬から翌月の3月の中旬頃までに行う必要がありますが、この申告を行うことで払い過ぎた所得税を還付つまり返してもらうことができます。源泉徴収では企業側が基本的に多めに所得税を納税しているので、その所得税を少しでも返してもらうのがこの確定申告になります。

なお所得税の申告を行うことで翌年度の市町村が中心となって課税する市町村民税や都道府県民税の税額を抑えることにもなりますから、可能であれば申告を忘れずに行ってしっかりと税金の課税額を抑えることが大切になります。

節税については税金に対する一定の知識が必要で、もしかしたら減税できるかもという意識や課税される税金についてどういった目的で課税されるのかということにも意識を向けることができれば、減税してもらえるかもしれないという意識も生まれてくる可能性があります。

確定申告により所得税の払い過ぎた税金の相当部分を返してもらえる可能性があることを知っている人も多くなってきました。また、どういった時に節税ができるのかがインターネットなどを始めとするメディアの発達により、大勢の人が興味を持つに至っています。

このため自分でもひょっとしたら節税できるかもしれないと考えて、情報収集から始めてさらに行政機関に申請を出す動きも活発になってきています。その代表例が所得税及び住民税です。

また医療費控除などは特別損失などの申告やその内容、他にも災害にあった時にはどのような免除をしてもらえるのかについてなどもインターネットですぐに情報入手ができる時代になっています。

このページの先頭へ