節税する時は医療費控除がもたらす効果も忘れずに

節税する時は医療費控除がもたらす効果も忘れずに

医療費控除を使ってできる節税方法について

確定申告の際には、医療費控除を利用して節税しましょう。医療費控除は1年間でかかった医療費から所定の金額を差し引いた金額が所得控除されるものです。差し引く金額は一般的に10万円とされていますが、所得が200万円以下の場合は所得×5%ですから10万円分ならと諦める前に所得を確認しましょう。

家族分を取りまとめて控除することができますから、税金を多く払っている人あるいは税率が高い人は確定申告をすることでより節税の効果を高めることができます。一口に医療費と言っても病院で治療を受けたもの、その際に調剤薬局で払った薬代などだけではなく一般に市販されている風邪薬や頭痛薬等でも控除の対象になります。

いつ何時病気になったり怪我をして急な医療費がかかるともしれませんから、どうせ10万円以上にはならないからと捨ててしまわずに1年間は取りまとめておき1度計算して足りなければ処分する形をとるようにすべきです。また医療費控除をすることで源泉所得税だけでなく住民税でも節税効果が見込めます。

医療費控除は前述の通り、病院代や薬代などをとりまとめたものから一定の金額を差し引いたものを源泉所得税を計算する際に所得から差し引くことができるというものです。病院代や調剤薬局での調剤代だけでなく、市販薬の購入費用、病院への移動代(ただし自家用車は除く)なども計算の対象となります。

ただし人間ドックやサプリメントなど、直接治療に関わるものではないものは対象となりませんので注意が必要です。源泉所得税を多く払っている人や税率が高い人ほど節税効果が高くなる傾向にあります。

家族分をとりまとめて控除とすることができますから複数源泉所得税を払っている人がいるのであれば、誰で控除すればお得か試算してみる必要があります。また源泉所得税だけではなく、住民税の計算でも医療費控除は有効ですからそちらでも節税が見込めます。

>>家計の管理方法を学ぼう!

このページの先頭へ