節税の始まりは土地購入する目的を考えることから

節税の始まりは土地購入する目的を考えることから

土地活用と節税のポイント

土地を持っているだけで価値が上がるという「土地神話」の時代は終わりました。現在は土地を活用してアパートやマンションなど住居用の建物を建設することにより、利益を上げると同時に節税を行うことで土地購入にメリットがあると考えられます。土地を購入したり遺産相続などで土地を相続した場合、そのまま遊ばせていては固定資産税などの税金コストや保有コスト、維持費など様々な経済的な負担が掛かります。

一般的に土地活用の目的として「固定資産税・所得税・相続税での優遇処置を受けたい」「生活設計の安定を図りたい」「次の世代に受け継がせたい」などが挙げられます。

土地の評価に対して税金がかけられることから、土地の評価を下げることによって大きな節税効果が見込まれることになります。どのようにすれば土地の評価を下げることができるのか、土地購入した後の節税とはどうすれば良いのか、損をしない上手な方法を知ることが大切です。

土地の評価額は更地の状態では変わらないことから、節税を行うためにはその土地購入後、なんらかの手を加える必要があります。土地の評価額を下げ、なおかつそこから安定した収入を得るため、貸家建付地としてしまう方法があります。アパートやマンションなどの賃貸住宅を建てることにより、借地権が発生し土地の評価額は驚くほど下がります。

下がる割合は所有している土地の路線価表で知ることができます。それにより固定資産税を節税することができる上に家賃収入が発生するので、同時に生活の安定を図ることができるようになります。その上アパートやマンションが建った後も、家賃などの収入を子供に生前贈与することにより贈与税を節税することができます。

>>土地評価額の計算方法とは?

このページの先頭へ