節税目的で車を購入するなら

節税の手として車を購入したい時に考えること

中古車購入と節税の関係

個人事業でも会社でも事業をしていると収入から必要経費を引いた残り、利益に対して税金が掛かります。収入や必要経費には税法で決めたルールがあって、入ってきたお金=収入、出ていったお金=必要経費ではありません。

例えば収入では品物を納めて請求書を発行したら、お金がまだ入っていなくても売掛金という収入になります。出ていくお金の中では、資産の取得代金は単年度の経費ではなく1度減価償却資産に計上して、耐用年数に応じて減価償却費を計上します。

車の取得代金は減価償却資産に計上します。耐用年数は種類によって5年または6年ですが、中古車購入による節税の方法があります。

中古で取得した資産の耐用年数は、新品取得の場合の耐用年数から経過年数に1.2を乗じた金額を引いて計算します(最低でも2とする)。当初の耐用年数が6年で、5年経過しているなら耐用年数は2年です。5年経過した車は2年で使えなくなることはなくても、減価償却は速やかに計上できるので節税になります。

事業のために使う減価償却資産、中古で取得した場合は耐用年数を新品取得の場合から経過年数分を引いて求めます。車も中古を購入すれば新車に比べて減価償却のスピードが速く、経費をたくさん計上できるので節税になります。

中古購入のメリットは、購入価額が割安なだけでなく節税にも繋がります。なお事業年度(個人事業者の場合は1月から12月)の中途で購入した資産については、耐用年数は短くても1年分の減価償却費を計算したら必要経費になるのは月割りです。事業年度最後の月に買っても、節税の効果は限定的なので注意しましょう。

このほか会社の利益に掛かる税金ではなく、購入に直接掛かる取得税も中古には掛からないので中古ならこちらも節約できます。

このページの先頭へ