節税は配偶者控除の仕組みを理解したもの勝ち

節税は配偶者控除の仕組みを理解したもの勝ち

絶対に知っておきたい配偶者控除を利用した節税とは

配偶者控除とは収入の少ない配偶者を持つ納税者の所得金額から一定の控除を行うもので、節税を行う上でとても重要なものです。具体的に言うと、納税者が夫ならばその配偶者は妻となりますが、妻のその年の所得合計が103万円以下ならば夫の所得から所得税38万円と住民税33万円の控除を受けることができます。

所得税率は納税者の収入によって変わりますが、20%の人が最も人数が多いと思われます。所得税率が20%の場合、配偶者控除により10万9千円の節税が可能です。家計を支えるためにパートに出ている人が年々増えていますが、この制度のことを知らないといわゆる働き損が発生する可能性もあるのです。

一口に節税と言っても納税者の勤務先の条件や、どのように配偶者の所得を得るかなどによって実際にどれくらい得になるかが変わってきます。各家庭において配偶者がどれくらい稼ぐべきなのか、配偶者控除の仕組みをよく理解して考えていきましょう。

配偶者控除を利用した節税を行う上で考慮に入れなければならないのが納税者の勤務条件ですが、配偶者手当が支給される勤め先の場合、支給される条件が配偶者の所得が103万円以下であることが多いです。

例えば夫の勤め先から毎月1万円の配偶者手当が支給される場合、妻が年間103万以上稼ぐと少なくとも12万円以上の働き損が発生します。それならば働き損が気にならなくなるほどに収入を増やせば良いのですが、配偶者の収入が130万円を超えると今度は社会保険料を負担する必要があります。

これらがいわゆる103万の壁、130万の壁と呼ばれています。これらを踏まえた上で配偶者が無理なく働き賢く節税して、効率的に収入を増やしていきましょう。

>>家計のやりくりを考えよう!

このページの先頭へ