節税は不動産経営と物件価値を上げることから

節税は不動産経営と物件価値を上げることから

不動産経営から見る節税対策について

不動産経営普通の会社員でも、不動産経営をすれば節税になります。不動産を所有すると購入した不動産の減価償却費、購入の際に組んだローンの金利、管理費や不動産の維持管理にかかる諸経費などが必要経費として認められるため、確定申告をきちんと行えば驚くほどの還付を受けることができるためです。

不動産を所有することで節税になるということはあまりピンとこない人も多いかもしれませんが、その他にも給与所得と不動産所得の損益通産によって所得税が軽減されたり、不動産を所有することによって出た赤字が控除されたりします。

また住民税や所得税など様々な控除を受けることができるため、結果的には大きな節税になります。もちろん不動産を所有していることで、長期的な安定した収入が見込めるということも1つの大きなメリットです。資産を銀行に眠らせて置くよりは、不動産経営を行って節税と運用をした方が長い目で見ると大きな価値を生むのです。

不動産経営で具体的にどのように節税をするのかというと、まず何より大切なことは確定申告を正確に行うことです。給与収入のみの場合と違って、マンションやアパートなどの不動産所得がある時は、青色申告を別途行う必要があります。この時、必要経費を申告することによって控除を受けられるのです。

必要経費として実際は計上できるものを、計上しないでいると大きな損失になりますので、不動産経営をしている中でかかったお金はきちんと帳簿を付け、年末には決算書を作ることができるように整理しておくことが非常に重要です。現金出納帳、経費帳、固定資産台帳の3つは最低でも作り、所有している不動産にかかった経費は全て月ごとに記入するようにしましょう。

このページの先頭へ