節税で不動産を利用した効果を期待するなら

節税で不動産を利用した効果を期待するなら

不動産投資と節税について

節税のために不動産投資をすると良いと聞いたことがあるかもしれません。サラリーマンでも投資をする人が増えてきました。不動産投資は所得税や住民税、相続税など様々な効果があります。税金とは収入に対するものではなく、利益にかかるものです。お金を払って高額な買い物をして、どうやって節税になるのでしょうか。

まず、家賃収入など収入があります。そこから管理費や修繕費用、固定資産税などの経費を引きます。他にも共用部分の光熱費、弁護士や税理士費用、入居者募集の広告費、借入金の利息なども経費になります。

例えば家賃収入が1年間で150万円で、かかった経費が180万だとします。差額の30万は赤字ですが、この金額を確定申告ですることで、所得から減らすことができます。すると、その分の所得税が還ってきます。そのため所得から決める翌年の住民税も安くなります。相続税は不動産の評価により決まります。賃貸マンションの場合は、土地よりも評価額が低くなります。

このように高額な買い物である不動産投資をすることが、節税対策にもなるのです。とは言え、本来は安定した家賃収入を得て黒字化することが大切です。修繕など高額な工事やリフォームは、毎年行えるものではありません。また借入金の返済も進んでくれば、その分の経費も少なくなってきます。

いずれは納税をしなくてはならなくなったとしても、安定した収入が確保されていれば喜ばしいことかもしれません。相続税対策にしてもマンションを一棟持っているのか、一戸だけなのかによっても支払う金額も相当変わってきます。

税金だけではなく、誰がどの不動産を相続するのかなども考えて投資できたらいいですね。よく調べて自分で出来る範囲で節税していきましょう。

このページの先頭へ