節税と所得税のうまい付き合い方法

節税を忘れずに所得税とうまく付き合う方法

上手な所得税との付き合い方

所得税を節税すると言っても、あまりにあからさまなことをするわけにはいきませんし、個人事業主の場合には特に税務署からの監査が入ってくることも珍しくありません。もちろん違法な節税をすれば罰金を払わなければなりませんが、かといって収入が少ない年度などは税金の支払いがかなり重圧になることもあります。

バランス良く上手に税金と付き合うと言われていますが、これは具体的にはどのようにするということでしょうか。

単純に赤字を継続すれば税金の支払いはほとんどありませんが、何でもかんでも経費として計上しない限りはやろうと思ってできることでもありませんし、税金を支払わなければならないということになると税金との上手な付き合いをする方法いうことが具体的にどうすべきかよく分かりません。事業の将来性や個人の税金負担などを考えた時に、どういう方針が上手に税金と付き合うということになるのかを教えてください。

個人事業主の場合には自宅で使用しているものであっても、事業に寄与した割合に応じて経費として計上することができます。これを利用して自宅で使用している部分まで経費計上をするというケースも少なくありませんが、これをあまりにやりすぎると税務署も当然不審に思い、頻繁に監査に来ることになります。

節税というのは経費として落とすところはきちんと処理して無駄な税金の払いすぎを防ぐということが目的ですので、監査の対象になることはありません。一方で、所得税を減らすために赤字を継続することもオススメできません。

金融機関に対して信用がなくなり、融資が受けられなくなります。上手に付き合うということは、税金を最低限支払いながら事業の拡大も検討した経営をするということです。

>>節税した資金で外貨預金してみては?

このページの先頭へ