節税しながら相続をうまくする方法

しっかり節税しながら相続を多くする方法とは

抑えておきたい!相続税の節税方法について

これまで遺産を分割する際には基礎控除が5千万円+法定相続人の数×1千万円でしたので、多くの世帯にとって課税を気にする必要はありませんでした。しかし税制改正により基礎控除額が3千万円+法定相続人の数×600万円に縮小されることが決定し、都市部で不動産を所有する高齢世帯を中心として他人事ではなくなりつつあります。

基礎控除額を超える部分については課税対象となってしまいますので、相続を見据えて節税の計画を立てておく必要があります。不動産が主な財産である世帯の場合、節税対策として夫婦間で居住用の不動産を贈与した時の配偶者控除を利用する方法や、生命保険を利用する方法、生前贈与を活用する方法などが挙げられます。

いずれにしても生前から早めに対策を立て配偶者や子供の間でも意識を共有しておくことでスムーズな分割を行うことができ、効果的な節税にも繋がります。以下で、それぞれの方法について見ていきます。

最初に、居住用の不動産を贈与した時の配偶者控除についてです。居住用の不動産を贈与した時の配偶者控除については、婚姻期間が20年以上あれば居住用の不動産や、それを取得する金銭の贈与に関しては基礎控除にプラスして2千万円まで控除が可能です。婚姻期間が20年を超えたら、夫婦の間で不動産を共有しておくことで課税金額を下げる効果が期待できます。

また生命保険については500万円×法定相続人の数の範囲内は、課税されないことになっています。生命保険に加入することで、効果的に非課税部分を増やすことができ、節税効果が高まります。さらに、生前に基礎控除の110万円を子や孫などに贈与することで相続の金額を減らす方法もあります。

このページの先頭へ