節税には保険を利用したい人が注意することとは

節税に保険を利用したい人が注意することとは

生命保険を活用した節税について

生命保険を節税対策として使えます。法人の税金対策として、生保をよく利用します。上手に加入することで経営者に万が一の事態が起きてもリスクヘッジになり、簿外への資金プールや節税対策に繋がります。

税金対策を考えた商品の加入方法で事前に検討すべき点は3つです。

1つ目は永久的に節税できるわけではなく解約時に利益計上されますので、解約益が相殺できる用意が必要です。分散加入が必要ですし、複数を比較して保険会社を選びましょう。

2つ目は解約時のリスクです。節税の1つに利用する際は、ある程度の期間継続して支払わなければいけません。途中で解約をすれば解約損を出すことになります。短期でピークになる商品を探すのがポイントです。

3つ目は資金繰り。生命保険を利用した税金対策はお金が掛かります。税金を減らせる反面、支払う料金が多いので資金繰りを考える必要があります。早期解約で損をしないような商品を探し、適度な加入に抑える必要があります。

節税対策として生命保険に加入する際は、1番多く利用されているのが長期平準定期タイプです。これは比較的高い料金設定ができるので選ばれています。以前は支払いの金額を損金計上可能ながん商品が人気がありましたが、新しく加入する場合は全損取り扱いができないのです。支払う料金ががんの場合は低いので、長期平準定期のように高い値段のものが人気です。役員を被保険者にすることが優先順位として1番です。

その上でさらに加入する場合は、従業員向けの福利厚生プランの養老タイプもオススメです。決算期末に入るのがベストタイミングで、年払いをするなら決算期ギリギリに入っても1年分の料金の損金計上が可能です。すでに入っている場合、月払いなら決算期に年払いにすれば最大2年の金額を損金計上可能です。

このページの先頭へ