節税を忘れずにうまく投資をしていく方法は

節税を忘れずにうまく投資をしていく方法は

株・投資信託の税金対策と節税について

値上がりした株や投資信託を売り利益が出れば税金がかかりますが、節税を上手にすれば支払う必要がなくなります。払わなくてもいいお金があるならそれに越したことはありません。

利益を出すと税金がかかりますが、損を利用して節税をします。証券会社の株取引において50万円利益を出した場合、利益には10%税金がかかるため5万円支払います。その一方で別の証券会社で30万円の損失を出した場合は利益はありませんので、税金はかかりません。しかし先ほどの会社の分は5万円税金がかかります。ですがこの2つの株は確定申告をすれば、利益と損失を合算できます。

合わせることによって50万円プラスと30万円マイナスになっているので計算すれば利益が出たのは20万円となりますから、この20万円のみに税金がかかり、その結果2万円の支払いだけで済みますから5万円支払う場合より3万円も安くなります。これが税金対策に繋がります。損が出たら利益を合わせることで減らせるのです。

株式投資売買により利益が出れば10%の税金がかかり、100万円利益を出しても1億円利益を出しても10%必要です。節税対策として、取得単価の切り上げで節税する方法があります。

500円で2000株買い付けをした際の手数料が420円です。約定単価は500円、株数は2000株、手数料が420円の場合、一株あたりの取得単価は計算すると500.21円です。少数以下は切り上げです。もし取得した株を510円で売却した場合には2万円利益が出ますが、その財の税金は510円から500円を引いた10円×2000株の10%ではなく、510円から501円から引いた9円×2000株の10%となりますので、若干ではありますが税金対策になります。

>>気になる株式投資って?

このページの先頭へ