節税としてマンションを使った効果的な方法

節税としてマンションを使った効果的な方法

マンションの購入と節税の計算

マンションを購入し、節税対策をすることは可能です。家賃収入がある個人は家賃収入に対して必要経費が認められます。年間家賃収入から必要経費を引いたものが不動産所得です。

年間家賃収入から必要経費を引くとマイナスに不動産所得をすることが可能です。給与所得と不動産所得を足したものが総所得金額となります。給与所得とマイナスになった不動産所得を足すことで総所得金額を抑えることができ、その結果節税効果が生まれます。

マンションを購入し自分で住まずに賃貸にし家賃収入を得て経営をする際、サラリーマンでも事業をしていることになりますので確定申告をして税金を納める必要があります。しかし事業として行う場合、必要経費として認められる額があるので収入に対して課税されるのではなく、収入から経費を差し引き課税されます。ワンルームマンションの場合は減価償却費、ローン金利、諸経費、雑費などがあり、これらを経費として計上可能です。それにより節税対策となります。

会社勤めのサラリーマンが不動産経営者の場合は所得税法により、給与所得から不動産初頭の赤字額を差し引いた額がその年の年収になります。確定申告をすると税金をすでに納めていても国税還付金として戻り、これが税金対策になります。マンション経営で認められる経費の中で減価償却費、ローン利息、建物の経費がありますが、建物に対する経費が高ければ節税効果は高まります。

特にワンルームの場合に節税効果が高いとされ、相続税対策にもなります。投資用のマンションは住宅ローン控除が受けられます。以前は不動産投資と言えば家賃収入を得る目的が大きかったですが、バブル崩壊後から現在は節税対策として不動産投資をする人の方が多いのです。

このページの先頭へ