節税したいなら個人年金を使った方法も考えてみては

節税したいなら個人年金を使った方法も考えてみては

節税としての個人年金

近年では国が行っている年金制度に疑問を感じているという人も多く、個人年金の利用者が増えてきている傾向にあります。それを受けて民間の保険会社や金融機関では個人年金の商品を扱ったり類似した商品を紹介してますが、これらの中にはかなりの節税効果を持つ商品も含まれています。節税の目的として年金の積立をするには、どの商品を利用すれば良いのでしょうか。

また、これらの商品は複数を併用することも可能になっているのでしょうか。節税できればその分年金の積立額を増やすことにも繋がりますので、自分でもできる個人年金の商品の有効な選び方についてみていきましょう。

これらの商品を利用することによって考えられるリスクやメリットについても検討することで、将来のための資産を目減りさせないような方法も考えることができます。それぞれの商品の特徴についても十分な知識を持っておいて、理解した上で利用する必要があります。

このような需要に対応する商品として、近年注目を集めているのが確定拠出年金です。これは通常であれば保険会社などが現金を受け取ってそれを運用するところ、個人で投資信託や株の購入などを行い自分の資産を増やしていくというものです。

もちろん上手くいくこともあれば損失を出すこともありますが投資した金額は全額所得税や市県民税の控除対象になりますので、かなりの節税効果が望めます。ただリスクもありますので、やはり安全に準備をしたいという人には保険会社の個人年金がオススメです。戻り率もかなり高めの設定ですし、積み立てた金額の一部は税額控除の対象となりますので、少額の積立をする人にもオススメです。

>>老後資金をどう使う?

このページの先頭へ