節税するために株の損益を利用してしまう方法

節税するために株の損益を利用してしまう方法

株式の単価切り上げと節税について

株式の売買により得た利益は、2014年現在ですと20.315%(所得税15%に復興増税の0.315%+地方税5%)の税金がかかります。NISA(ニーサ)口座を開設すれば売却益は非課税となりますが、年間の購入額が100万円と決められていますので少額投資にしか適していません。そこで、年間購入額が100万円を超えるような投資家向けの節税方法があります。

多くのネット証券は株式取得単価に手数料を加えた額を平均取得単価として計算し、小数部分は切り上げます。小数部分を切り上げることで実際の売却益と課税対象になる額にギャップができ、売却益全てが課税対象にならないことが起きます。

小数部分を切り上げるので、取得単価の小数部分が0に近ければ近いほど節税になるということです。短期で高額の取引を何度も行ったり、1度で大量の株を購入する投資家にとっては、やるとやらないとでは大きな違いが出てくることもあります。

例えば2000円で500株購入し、手数料が520円とします。1株当たりの取得単価は(2000×500+520)÷500=2001.04円となりますが、小数点以下切り上げとなるので2002円となります。

もし2100円で売却した時に、売却益は4万9500円となりますが課税方法は(2100円-2001円)×500×20.315%ではなく、(2100円-2002円)×500×20.315%となるので、課税対象額は4万9千円となり、500円は課税対象とならなくなります。すなわち500円×20.315%=約100円ちょっと節税したことになります。売却益が高くなれば高くなるほど節税額も増えるので、年間通すと思いがけない節税額になることもあります。

このページの先頭へ