節税のために社員旅行を経費で計上する際の注意点

節税のために社員旅行を経費で計上する際の注意点

社員旅行を使った節税について

会社内での交流を深めるのに欠かせないイベントとして社員旅行が挙げられ、福利厚生の1つとして社員のやる気を高める役割も果たします。会社を経営する側として社員旅行は大きな出費として考えられがちですが、果たして経費として扱い節税することが可能なんでしょうか?

答えは可能です。節税の考え方として費用を福利厚生内でのものと出来るように取り計らうことによって、会社経費として扱い従業員の所得税課税をないものとすることです。

ポイントは1)4泊5日以内の旅行であること、2)1人当たりの負担費用が10万以内であること、3)明細書などの支出控えをきちんと保管しておく、です。また必ず社員の50%以上が参加することにより福利厚生費としてあげられることができるので会社としても経費として節税することができ、社員さんにも所得税がかからないという訳です。会社側の節税を促すだけでなく、従業員の所得税負担を削減することができます。

社員旅行には、4泊5日以内の日程をたてます。5泊6日を超えると常識的な福利厚生としてみなされません。そのため超えた金額を従業員への給料としてみなされ、従業員に所得税が課せられます。

また同理由として1人当たりの会社負担額を10万円以内に抑えなければなりません。明細書や旅行の企画書、日程表などは必ず保管しておきます。不明な出費は課税の対象となってしまいます。

節税のこういったポイントに付け加え、役員の方々の場合は会社の経費にできないことを忘れてはいけません。また参加しなかった社員に費用を渡してしまうと福利厚生ではなく、お給料として取り扱われるので所得税が従業員にかかってしまいます。以上の点を気をつけることによって節税が可能となります。

>>会社を退職した際の退職金はどう運用する?

このページの先頭へ