資産運用での複利効果の考え方

資産運用することで期待できる複利効果への考え方

複利を意識した資産運用について

複利効果は、資産運用を効率的に行うためには必須なものだと考えられます。指数関数的に資産を増やしたいという人にとっては、非常に重要なものだと言えるでしょう。

短期的に見ればあまり意識する必要はないのですが、例えば老後の資産を形成するというような目的の場合には長期的な資産運用となりますから複利効果は大きなものとなり、単利で運用をした場合との差は非常に大きくなるのです。

長期的な資産運用をする時には、複利効果を得ることは必須なことだとも言えます。すでに資産を取り崩して生活をしなければならないという状況の人には適していないのですが、今後の人生のために長期間をかけて資産を形成していこうと考えている人には重要なものだと言えるでしょう。

その具体的な方法は難しいものではなくて、得られた利益を再投資していくだけです。それと共に、リバランスを考えていくことは必要となってきますが、技術的には難しいものではないと言えるでしょう。

複利効果を活用して資産運用をするためにしなければならないことは、インカムゲインを投資することです。インカムゲインとは、株式における配当金、債券における利子、投資信託における分配金などを指します。これらを受け取るということもできるのですが、パフォーマンスを高めるためにはさらに投資をしていくのが良いのです。

投資信託などの場合には、再投資をするという選択をすることができるものもあります。再投資をすることによって利益を引き出すのではなくて、さらに投資をすることができますから、これによって複利効果を得ることができるのです。

例えば再投資をしなかった場合と比べて2%の違いが生じたとすると、10年運用をすれば20%以上の違いが生じるのです。

このページの先頭へ