資産運用で元本保証とリスクの考慮

資産運用は始める前に元本保証とリスクの考慮から

元金補償の観点から見る資産運用

元本保証1年間、使用しない現金を持っているのなら資産運用することの方が利益を得ることもできます。しかし株や投資とリスクのある商品を購入すると、現時点で持っている貯蓄分を残せないこともあり、リスクを避け資産運用をするのならば元本保証のある定期貯金や国債が良いでしょう。

定期貯金は年利率は低いですが毎月決まった金額を預けていくので、確実に自分が残したいと思っている金額を貯めることができます。途中現金が必要になれば解約することも可能で、その際には自分の貯金した全額が戻ってきますし、プラス利息もついてきます。

そして国債は1年物から5年物、それ以上の商品が定期的に販売され、個人で銀行や金融機関で買い付けを依頼するのです。国債は定期預金よりは利率が良く、資産運用で買い付けする方もいらっしゃいます。期間通りならば元本保証はされていますが、こちらは中途解約することができない商品で、もし解約をすれば元本割れすることもあります。

定期預金は自分が毎月行える金額から開始し満期がきたらそのまま預けておくことも解約することも自由にできるので、必要に応じて使い分けできるのです。リスクのない資産運用を求めている方には元本保証もあり、こちらから始められる方が多いのです。

国債は1年物から5年物と種類があり、販売される数も限りがあり人気のある商品です。年利率が高く暫く使用することのない現金が手元にある時に預けておくことで、利息は半年や1年に1度、口座へ振り込みされます。ただし中途解約しないことが条件になりますから、使わないまとまったお金や毎月の収入で負担にならないお金で開始することです。国債は人気商品なので、早くから情報を得られるよう金融機関で確認しておくとスムースに進められます。

このページの先頭へ