銀行を使った資産運用と節税とは

資産運用は銀行の便利な部分を使って節税と共に

銀行が始めている資産運用について

銀行での資産運用というと、定期預金や国債の購入くらいしかイメージできないという人もいるでしょう。しかしながら最近ではそれ以外に投資信託も販売していますから、これによって新たな商品を使って資産運用をすることができます。投資信託と言うと特殊な金融商品のように思う人がいるかもしれませんが、実は資産運用の幅は非常に広いと言えるでしょう。

投資信託と言っても、株式を対象としたものと原油を対象としたものでは大きく異なります。現物の株式を保有する場合に比べると手数料が掛かるというデメリットはあるのですが、色々なものに投資ができるというメリットは大きいでしょう。

特に、分散投資ができるというメリットは大きいです。少額で分散して投資をすることができますから、個人の範囲で国際分散投資を行うことができるなどのメリットもあります。これを利用すればリスク分散もできますし、チャンスを生かして取引することもできるのです。

銀行で資産運用をするために投資信託を活用するのは良い方法なのですが、そのためにはまず口座開設をすることが必要となってきます。総合口座とは別に口座を開設しなければならない場合が多いです。

口座を開設する時には口座を選ばなければならないのですが、これによって税務が大きく異なると言えるでしょう。非課税で投資のできるものとしては、最近になって登場したNISAがあります。NISAを利用することによって、非課税で資産を保有することができます。これを利用すれば税金を支払わずに資産運用をすることができますから、便利なものだと言えるでしょう。

もう1つは特定口座で、源泉徴収を行ってくれるものもあります。これを選べば納税の手続きが必要なくて便利です。

このページの先頭へ