為替取引で行う資産運用の方法

資産運用をうまく行うための為替取引の方法とは

為替取引を利用した資産運用法

為替取引を利用して資産運用をすることはできるのですが、この手法は大きく分けて2つあります。どのような利益を求めるのかによって、取引スタイルは変わってくると言えるでしょう。

まず、売買差益を積極的に狙っていくという方法があります。為替の変動幅はそれほど大きくはありませんから、レバレッジをかけて取り引きをすることが多いです。安く買って高く売るというのが基本的な方法ですから、仕組みは非常に簡単です。

もう1つの手法が利息を得る方法です。金利の低い通貨を売り、そして金利の高い通貨を買うことによって金利差の分だけ利益を得ることができるのです。一般的にはキャリートレードと言われたり、あるいはスワップポイントと言われたりすることが多いようです。

もちろんこの両方を用いて資産運用をすることもできますが、どちらかに絞って戦略を考えた方が良い戦略を見つけることができると考えられます。短期売買なら為替差益、長期投資なら利息収入を得るのが基本的な方法だと言えるでしょう。

売買差益を狙う場合には安く買って高く売る、あるいは高く売って安く買い戻すというのが基本的な仕組みとなります。取引の仕方には大きく分けて2つあって、1つは順張りと呼ばれます。上昇している時に買い、そして下落している時に売るという方法でトレンドに沿ったポジションを持つというのが基本的な方法となるのです。

もう1つは逆張りで、下落している途中に買い、そして上昇している途中に売るという方法を指します。長期的な資産運用のために為替取引をする場合には利息の影響が大きくなってきます。高金利通貨を買うことによって利息を得ることができます。調達コストを下げるために、売る通貨は日本円やスイスフランなどを用いることが多いです。

>>外国為替証拠金取引って何?

このページの先頭へ