不動産を活用して資産運用を始めよう

資産運用は不動産を活用して計画的に始めよう

資産運用の観点からみる不動産購入

不動産は資産運用の手段として、最も古くから用いられてきたものだと言えるでしょう。ポートフォリオを考えた場合にも株式と債券と不動産の3種類に分散するというのは、資産運用の基本的なものだと考えられます。ですから、分散の観点から見た時に購入するのは良い方法だと言えるでしょう。

例えば賃貸マンションや賃貸アパートなどを購入して、収益物件として賃貸経営を続けていくのは良い方法だと考えられます。ただし、株式や債券と異なるリスクがあるということについても把握しておく必要はあるでしょう。大きな利益を得られることもあるのですが損失を発生させることもあり、どちらかというとハイリスクハイリターンの投資であるという点に注意しておかなければなりません。

利益は賃料収入となりますから、これをいかに確保していくのかが最も大事なことだと考えられます。空室率を下げるために色々な工夫をすることが不動産への投資だとも言えるでしょう。

不動産を購入する時には、資金計画と収支計画の両方の面から考えることが必要となってきます。独立して考えるよりも総合的に考えるべきでしょう。資産運用を目的に購入する時には、ローンを組むことも多いでしょう。ローンによって借りることのできる金額を把握すると共に、自己資金をどれだけ集められるのかを把握することも必要となってきます。これが資金計画です。

実際に経営が始まれば賃料収入を得ると共に色々なコストを支払っていくことも必要ですし、ローンを返済していくことも必要となってきます。これによってキャッシュフローがプラスになるように収支計画を立てていくことは必要ですし、余裕のある計画を立てていくことも必要です。

>>資産運用としての不動産

このページの先頭へ