不労所得で資産運用を考えた際のリスク

資産運用を不労所得で考えた際のリスクについて

不労所得と資産運用について

不労所得とは、働かずに得られる所得を指します。実際には一切働かずに所得を得ることは難しいのですが、例えば月に1回1時間だけ作業をするだけで良い場合もあります。上手く資産運用をすれば、このようなことも可能なのです。その原資はどうなっているのかと言うと、株式の配当金や債券の利子、あるいは不動産の賃料収入などです。

一般的にはインカムゲインと呼ばれるもので、保有しているだけで利益を生み出すものを中心に資産運用を行っていくことになります。もちろんですが、全く何もしなくて良いというわけではなくて、何もしなくても良いような資産を選ぶことが必要になってきます。

株式であれば、配当金を安定的に貰うことができるものを選ぶということが必要となります。安定した企業を選ぶということも必要でしょう。全く何もしなくて良いというわけではありませんが、ほとんど何もしなくても安定して利益を得られるという資産運用の方法もあるのです。

不労所得を得るための資産運用をする時には、安定した利益を長期的にもたらしてくれる投資対象を探すことが必要となってきます。株式会社は継続して存在することが前提となりますから、長期保有には適していると言えるでしょう。

ただ倒産するリスクもありますし経済が悪化して配当金が得られなくなるリスクもありますから、定期的に業績をチェックすることも必要です。債券の場合には償還期限がありますから、償還がくれば別の債券を購入することも必要となります。

数年に1度は買い直すことが必要です。不動産であれば、物件の管理をすることは必要です。これが面倒ならREITを購入するなどの方法で資産運用をすることもできるのです。

このページの先頭へ