資産運用はまず目標を定めて手法を考えることから

資産運用はまず目標を定めて手法を考えることから

資産運用の目的設定から考える運営方法

資産運用をする際、最初に考えなければならないのが何のために行うのかということです。これをきちんと考えておかないと、その手法の選び方が異なってくるのです。

例えば一攫千金を狙っていくというのであれば、高いレバレッジをかけて取引をすることも必要となってくるでしょう。そうではなく何十年もかけて取引を行うのであればリスクを抑えることも必要ですから、どちらかというと現物に投資をしていくというのが基本となります。

目的をきちんと明確にすれば、どれくらいの金額を稼ぎたいのかという目標を定めることもできるでしょう。具体的な目標を定めて逆算することは必要です。

例えば「退職するまでに2億円作る」というように具体的に金額目標を定めておけば、それに適した投資対象を見つけることができます。逆に言えば、きちんと定めていなければ何に投資をして良いのか分からないのですから、具体的な資産運用の方法が定まらないのです。

資産運用の目標が長期的な資産の形成であれば、色々なものに広く分散投資をしていくのが良いです。例えば株式国内外の株式や債券、REITなどに分散投資をするのが基本的な方法だと言えるでしょう。それ以外にも金や原油などをポートフォリオの一部に入れるのもリスク分散としては適しています。

短期的に大きな利益を求めるというのであれば、FXや先物取引などレバレッジをかけて取引をするものが適していると考えられます。細かい分析も必要となってきますから、分散するよりも、できれば1つの銘柄を取引するほうが良いでしょう。

こうすることによって情報収集にかける時間的なコストを抑えることができます。例えばドル円しか取引しないというのも良い方法だと考えられます。

このページの先頭へ