資産運用では保険の加入を利用しよう

資産運用のためには保険への加入を利用して

保険と資産運用の関係について

保険金融商品を扱っている保険で資産運用をしていくことで、会社が成り立っています。その資金調達をするには、学資や養老と終身などの生命保険を販売することで資金を集め、運用しているのです。

そして、加入する方も同時に保障を買いながら資産運用することが可能になっている商品なのです。養老や終身は、30年間という長い年月で保障を買っていきます。長期間の支払いにはなりますが、万が一の事があっても全額保障されますし健康で満期を迎えれば全額下ろすことができる貯蓄型なのです。

資産運用の方法は、このように自分や家族の保障を持ちながら満期には確実に受け取れるというやり方があり、銀行で預けておくよりは配当金も多くつきますから保障と貯蓄両方を兼ね備えているのです。

学資ならば高校や大学へ進学する時に下ろすことができるので、月々3千円ぐらいから始めることもできるのです。そうすれば15年間預けることで50万円近いお金を用意することが可能です。

養老や終身は30年間と長期で支払いを続けていきますが確実に利息は増えますから、満期を迎えた時には配当金もプラスされるのです。20代で保険に加入したのなら月々1万円程度で30年間支払い続けると単純に360万円満期には受け取ることができます。これを個人で貯蓄しようとしても、途中で解約してしまうこともあります。

養老や終身の場合、中途解約をすると支払った全額が戻ってくることはなく半額以下になってしまうのです。しかし資産運用で保障を買うとなれば中途解約しないことを前提に払い続けますから、生命保険会社もお金を回すことができ300万円プラス数十万円の配当を支払うことが可能になるのです。そして学資も子供が成長する1番必要な時に、下ろせる設定で負担のない資産運用をしていけるのです。

このページの先頭へ