資産運用で投資を選んだ時に大切なこととは

資産運用で投資を選んだ時に大切なこととは

投資と資産運用について

誰の人生においても、生きてゆくために資産はとても大切なものです。特に安らかな老後のことを考えるなら、資産は少しでも増やしておくと安心です。しかしタンス預金では資産は増えませんし、銀行の普通預金や定期預金でも今の低金利では殆ど資産は増えてはくれません。

そこで注目されているのが、投資による資産運用です。世の中には様々な金融商品がありますが、ローリスク・ローリターンなものからハイリスク・ハイリターンなものまで多くの中から自分に合った幾つかの商品をピックアップして、より効率的に資産を増やすのです。これが資産運用なのです。

ただし投資のリスクには要注意です。リスクというのは、要するに「失敗すれば資産を増やせないどころか、逆に減らしてしまう危険がある」ということです。ですから、まずは失敗しない運用をしなければならないのです。そのために必要となるのが分散投資やポートフォリオ、それにリスク管理などの考え方です。

金融商品には比較的安全性の高い個人向け国債などからリスクの高い外国為替証拠金取引など様々ありますが、問題は「どれが儲かるのか」を考えるのではなく「どの金融商品を組み合わせれば、より利益を狙えるのか」です。このように複数の商品に資金を投入することが分散投資の考え方であり、商品の組み合わせ方がポートフォリオなのです。

具体的に、どんな組み合わせが良いのかは人によります。年齢やライフステージ、総資産額、目指す目標などは皆、違います。要は自分に最適なスタイルで資産運用をすることです。今はネットで金融商品の比較も簡単にできる時代です。

まずは自分でしっかりと勉強することです。そうは言っても「何から勉強すれば良いか分からない」という方は、とりあえず投資信託から勉強なさると良いでしょう。それは資金の分散や長期的観点から見ても、とても優れた金融商品です。

このページの先頭へ