資産運用はローリスクとタイミングを見極めて

資産運用はローリスクとタイミングを見極めて

ローリスクな資産運用法について

資産運用をする限りはリスクを抱えなければなりませんから、場合によっては投資した資金を回収することができずに損失を発生させることもあります。言ってみれば資産運用はリスクとの付き合いだと言えるでしょう。だからと言って何もしなければ資産を増やすことはできないのですが、そうは言っても損失を抱えたいという人もいないでしょう。

ですから、自分に見合ったリスクがどれくらいなのかを把握することが必要となってきます。高いリスクをとって取引したいという人もいるようですが、多くの人はローリスクな資産運用を望んでいるようです。ローリスクで資産運用をすることはできますが、それによって得られる利益もあまり大きくはないという点にも注意しましょう。

利益を確保したままでリスクを抑えることはできませんから一攫千金を狙う人には適していませんし、預金感覚で増やしたいという人に適していると考えられます。他の言葉で言えばローリスク・ローリターンとなります。

ローリスクで資産運用をするためには、そもそもリスクの小さい対象に投資をすることが必要となってきます。株式や不動産はかなりリスクが高いですから、債券を中心とした投資をするべきでしょう。

また海外資産には為替リスクがありますから、国内資産に投資をするのが良いと考えられます。もう1つは分散投資です。1つの銘柄のみに投資をすることによるリスクは非常に大きいと言えるでしょう。もしものことがあった時に資産の全てを失ってしまうこともあるのです。ですから、いくつもの銘柄に分散をして投資をすることも必要となってくるのです。

資産クラスを分散することや、タイミングを分散することなどによってもリスクを抑えることができます。

このページの先頭へ