資産運用として土地活用するための様々な方法

資産運用として土地活用するための様々な方法

土地活用から考える不動産経営と資産運用

どのような資産を持っていたとしても、それが収益を生み出さないのであれば資産としての価値を持たないと言っても言い過ぎではありません。例えば土地を保有していて、それを何にも活用していないのであれば、これは負の資産とも言えるでしょう。

なぜかと言うと、土地の保有には費用が掛かるからです。固定資産税などの税金を支払うことは必要となりますから、利益を生み出すどころか資金流出を促すものだと言えるでしょう。ですから、土地を持っているのなら土地活用の形で資産運用をするのが良いと考えられます。不動産経営も資産運用の方法としては、損手法が確立されたものの1つだと言えるでしょう。

不動産経営をすることによって賃料収入を得ることができるわけですから、資産運用の方法としては適したものだと言えるでしょう。土地を保有していない人であってもローンを組むことによって土地を購入することもでき、資産運用の1つの方法として活用することもできるのです。

土地活用の方法としては色々なものがあります。土地そのものを貸し出すということもできますし、駐車場経営を行うこともできます。最近では不動産経営として賃貸マンションや賃貸アパートを持つ人が多いようです。その理由は賃料収入が安定していることや、税制優遇が受けられることなどが挙げられます。

具体的には、まず収益物件を保有することが必要となってきます。土地を持っていればその土地を貸し出すということもできますし、建物を建築することで資産運用をすることもできます。土地を所有していないのであれば、すでに収益を生み出している物件を購入するということもできます。収益物件として売り出されているものを購入するのが手軽で良いのです。

このページの先頭へ