資産運用でレバレッジを行った時の効果や制限

資産運用でレバレッジを行った時の効果や制限

資産運用特集!借入金のレバレッジ効果とリスク

資産運用をする時には借入金を用いることもあります。資金を借り入れによって調達し、そしてその資金を元にして取り引きをすることによって保有している資産以上の取り引きをすることができますから、上手く行けば大きな利益を手にすることができるというメリットがあるのです。

これをレバレッジ効果と呼びます。レバレッジ効果は資産運用が上手くいっている時には良いものなのですが、上手くいかなかった時にも効果が現れるという点についても注意しておかなければなりません。つまり損失が発生した時には、その損失も大きくなると言うことです。このようなことから、ハイリスクハイリターンの投資だと考えるのが妥当です。もちろん何倍にするのかによってその効果は異なっていますが、減退的に見ればハイリスクハイリターンだと考えられます。

なお法律による制限もありますから、いくらでもレバレッジをかけることができるというわけではありません。レバレッジをかけた取引を行うべきかどうかと言うのは、取り引きをする商品によっても異なっていると言えるでしょう。不動産で資産運用をする時には借り入れをすることが多いです。

長期的な資産形成が目的であっても、ローンを組むことは多いと言えるでしょう。しかし株式や債券の場合には、長期的の保有する場合にはレバレッジをかけないことが多いでしょう。短期売買をする時にかけることが多いのは、短期間では利益が小さいからだと考えられます。株式や債券、あるいは通貨などの短期売買ではよく用いられます。

借り入れることによって投資する資金を大きくし得られる利益も大きくすることができるというメリットがあるために、短期売買では多く用いられると言えるでしょう。

このページの先頭へ