投資信託での資産運用の魅力とリスク

資産運用で投資信託の手軽さに見る魅力とリスク

投資信託を利用した上手な資産運用法

かつての昭和の古き良き時代、日本全体が右肩上がりの好景気に湧いていた頃は貯蓄という方法で財産を殖やすことが可能でした。何しろ銀行などに普通にお金を預けるだけで、高い金利のお陰で預金は殖えてくれたのです。だから資産運用も楽でした。

ところが、バブル崩壊となった1990年代に状況は一変しました。日銀はゼロ金利政策を敢行し、日本は低金利時代に突入したのです。そして今日に至り、もはや貯蓄とは死語のようになってしまったのです。

しかしそんな今だからこそ、貯蓄に代わって株式や投資信託をはじめとした投資がクローズアップされてきたのです。それはつまり、貯蓄に頼らない資産運用なのです。

ところで資産を増やすには短期的、中期的、長期的視点が必要です。そのためには資産も短期的、中期的、長期的の3つに分けて考えなければなりません。生活費など、すぐに使うお金は基本的に元本保証の預金商品などが適しています。数年後に使うお金は定期預金や公社債、そして当面使う予定のないお金は高い収益が見込める株式なども有力な選択肢となります。

ただ、資産運用においては利益と損失に注意しなければなりません。短期的には利益よりも損失を防ぐことがより大切であり、長期的には多少のリスクを冒しても、大きな利益を狙いたいものです。

そしてそのために必要なのが、分散投資の考え方です。資産運用では、全資産をたった1つの方法で増やそうとするのは危険です。もしもその方法が失敗したら最悪の場合、全資産を失ってしまいます。それゆえ預金商品、国債、投資信託、株式、外国為替証拠金取引などローリスク・ローリターンからハイリスク・ハイリターンな金融商品に至るまで、バランスを考えなければなりません。

そしてそのような分散投資に向いている商品こそが、投資信託なのです。なぜならそれは、少ない資金からでも分散投資ができるようにと開発された金融商品だからです。今はネットなどで投資について手軽に学べます。まずは検索して勉強開始です。

このページの先頭へ