資産運用はまず利益を堅実に出す方法を選ぶ

資産運用はまず利益を堅実に出す方法を選ぶこと

資産運用によって生じる利益と税金について

納税は、当たり前のことなのですが日本人であればしなければならないことの1つです。資産運用をすることによって利益が増えれば、それに応じて税金を納めなければなりません。

この時まず個人投資で納税をするのか、それとも法人として納税をするのかを考えることは必要でしょう。それによって税率も異なりますし、節税の方法も異なってくるのです。税金をたくさん納めたいという人はいないでしょうから、節税の方法が変わるという点は非常に大きな違いだと考えられます。税金のことまで考えておかないと、資産運用によって大きな利益が出たと思って喜んでいるところに、多額の税金を支払わなければならないこともあります。

そうならないようにするためには何に投資をしてどれくらいの利益を得るのかという目標を、ある程度は考えた上で投資対象を選ぶことは必要となってくるでしょう。また納税するための手続きをどうするのかについても把握しておくことが必要です。

資産運用をすることによって利益が生じた場合には、法人であれば法人の決算に組み込むべきでしょう。税理士を利用している場合には、先に税理士に相談しておいた方が良いです。そうすることによって効率良く節税できる場合もあるのです。個人の場合には税制優遇を活用していくのが良い方法だと考えられます。

例えばNISA口座を活用すれば非課税で投資をすることができますから、税制面では最も有利だと考えられます。それ以外の方法としては、源泉徴収まで行ってくれる特定口座を活用するのも良い方法だと考えられます。

源泉徴収を金融機関が行ってくれますから、資産運用において利益が発生したとしても申告制で納税する手間を省くことができるのです。

このページの先頭へ