賃貸運営で資産運用をする際に必要なこと

資産運用の方法で賃貸の運営を考えた際に必要なこと

資産運用としての賃貸経営

賃貸経営とは、アパートやマンションを保有し貸し出すことによって収入を得る方法です。不動産投資という資産運用の手法の1つです。古くから資産運用は株式と債券と不動産の3つに分けるのが良いと言われることが多いですが、現在の不動産投資は賃貸経営が基本となってきます。不動産というと大きな資金が必要だと考えられがちなのですが、ローンを利用することができるために資金調達はそれほど難しいものではありません。

サラリーマンを続けながら行っている人もいるくらいですから、誰にでもできるものとなってきているとも言えるでしょう。他の投資と比べると、実物の不動産を保有できるという点で異なっています。

証券のような契約と数字だけの世界だけではなくて、土地や建物を保有することができるという点で大きな違いがあると言えるでしょう。長期的に運用をすることが前提とはなりますが、安定した収入を得ることができるためにリスク管理はしやすいと考えられるのです。

賃貸経営を資産運用の一環として行うためには、まず資金計画を立てることが必要となってきます。自己資金だけではなくて借入金を含めて資金計画を立てることが必要なのです。

次に収支をきちんと計算しておくことも必要となってきます。賃料収入と必要経費、ローンの返済金額などを計算してキャッシュフローがプラスになるような計画を立てることも必要です。帳簿上の資産だけではなくて、キャッシュの流れを管理することも重要なのです。

長期的に考えた場合には、不動産を購入する立地を選ぶことも必要となってきます。どの場所に不動産を持つのかが最も重要なことだと考えられます。賃貸経営を成功させるためには、やはり物件選びは重要なものだと考えられるのです。

このページの先頭へ