株での資産運用のリスクとは

資産運用として株を始める時に考えるリスクについて

株取引を利用した資産運用について

株式投資で資産運用するにはリスクが伴います。リスクという言葉を聞くと危険に感じるかもしれませんが、資産運用に伴うリスクとは不確実性です。つまり、「かもしれない」ということです。投資リスクとは運用を行う時に生じる時価、現在価値評価のブレ幅のことです。

資産運用とは、お金を預金、債権、株式、不動産、現物商品などの形に変えて保有しているため、その時々の現在価値評価にブレが生じます。お金が抱えるリスクは物価変動リスク、金利変動リスク、満期リスク、売買リスク、価格変動リスク、国債リスク、為替リスク、企業リスク、時間逸失リスクといった様々なリスクがあります。

これらの様々なリスクを避けることで、資産運用の安全性を高めることができます。安全性が高く且つ収益が期待できる運用をするためには、資産を形成する3原則である長期投資、分散投資、企業調査がとても重要になります。そしてリターンを最大限に獲得し、リスクを最小限に抑えるには長期且つ定期検証、小口分散、企業調査となります。

株や債権の取引は以前は人が介在して行われていましたが、インターネットが充実し地球の裏側で何が起きているかも瞬時に分かるようになりました。良い情報を得ればすぐに市場が高騰し、悪い情報が入れば市場は冷え込みます。長期的な国や企業のビジョンよりも短期的な情報で市場が左右されるようになりました。

理想的な資産運用のスタイルは国や企業の実力を見定めGDPやROE、金利などの指標を使って長期的に成長する国や企業、市場に対して安全且つ長期的な視点で投資を行うことです。

しかし市場の動きは早く、上がりすぎ下がりすぎがあります。市場が加熱し期待収益率より何%以上の収益が得られたらマネープールに移動する、逆に何%以下になったらマネープールから移動されるといった工夫が必要です。

このページの先頭へ