資産運用の種類と自分に合った方法は

資産運用は種類を知って自分に合った利用方法を

資産運用の種類について

近年、景気の悪化や給料の減少などによって足りない分を資産運用などで補おうとする人が増えています。また年金だけでは将来が不安だと考え、退職金を使う方もいます。きっかけは様々ですが、お金を増やしたいと思う気持ちに変わりはありません。

資産運用にはどのような種類があるのでしょうか。最も身近なものとして、銀行の利息があります。

これも預け入れの金額にもよりますが、僅かなお金でも増やすことはできます。しかし、これを資産運用と捉えるには無理がありそうです。つまり利回りが悪すぎるので資金効率が低く、満足のいく利益を得る為には莫大な原資が必要です。とても現実的とは言えません。

郵便貯金や定期預金などは若干良いようですが、それでも運用益は少なく安全にお金を預ける為が主な目的になります。では資産運用とはどのような種類があり、賢く運用するにはどうしたら良いのかを考える必要があります。大事なお金ですから有効に利用したいものです。

資産運用とは簡単に言えば資産を活用してお金増やすことですが、その代表的なものが株式などの有価証券が有名です。売買益の他、配当金による収益が見込めます。しかし業績や日々の取引の中で株価が変動しますので、原資を下回ることもあります。国債などは比較的安全と言われていますが、利回りを考えると多額の資金が必要になります。

また、金やプラチナなどの現物による資産運用もあります。種類も豊富で貴金属から穀物まで幅広く、主に先物などが取引されています。売買による利益を見込める他、金などは価格が安定していますので現金の代わりに持つ人もいます。

金融商品もたくさんあります。不動産による資産運用もありますが、全てリスクがありますので投資などの判断は自己の責任によって行わなければいけません。

このページの先頭へ