定期預金を使った資金運用の方法の利点と欠点

資産運用として定期預金を使った方法の利点と欠点

定番と言えば定番の定期預金の活用

資産運用の定番と言えば、やはり定期預金でしょう。個人ができる資産運用方法の中では、かなりリスクの低いものだと言えます。

証券会社や他の取引業者を利用しなくても、普段から利用している銀行で始められるという点で優れています。優れた点をもう1つ挙げるとすれば、預金保護の対象となることです。1千万円までの元金と利息は守られています。ですから預けている金融機関にもしものことがあって破綻したとしても、資産を守ることはできるでしょう。

この意味では、リスクのない資産運用の方法だと考えることもできます。このような点では優れているのですが、金利が低い時には利益を得にくいというデメリットはあります。金融緩和が大規模に行われている時には、利子による収入は非常に安いですから積極的に資産を増やしていこうという人にとっては適していないでしょう。どちらかというと、リスクを抑えて長期的に資産を形成していきたいという人にとって適したものだと考えられるのです。

定期預金を行うための手続きはそれほど難しいものではありません。銀行の窓口で行うこともできますし、インターネットバンキングを利用しているのであればウェブサイト上でも手続きを行うことができます。

ですから、資産運用の方法としては非常に簡単なものだと言えるでしょう。定期預金を選ぶ時には、他の金融機関と比較することも必要です。同じ期間で比較して、できるだけ利率の高いものを選ぶことが必要です。

また、預けることのできる期間を選ぶことも必要です。期間が長い方が利率は高いという傾向はありますが、あまりにも長いと使いたい時に使うことができないというデメリットもありますから、適度な期間を選ぶことは必要となってくるのです。

このページの先頭へ